2016-03-25-09-12-48
今回のカリフォルニアで大活躍してくれたHynd Long Fishと
スタンダードなフィッシュのご対面。

比較してみたかったんすよ。

並べてみてもお判りの様に、アウトラインが随分と違いますね〜。
Hynd Long Fishの方が、ワイズがあってテイルが絞られている感じで、
スタンダードなフィッシュの方は、直線的なアウトライン。

実際に測ってみても、センターで5/8インチ以上の差があり、
テイル幅は、1インチも差があります。

Hynd Long Fishは、カーブの強いアウトラインだから、
スピードよりもターンを重視したデザインという訳ですね。
とは言っても、十分すぎるほど速いボードですが・・・。

同じサイズのこの2本のフィッシュ。

似た様で、何気に違うんですね〜。

2016-03-25-09-16-04
フィンも違いますね。
Hynd Long Fishは、後ろの部分がカーブの効いたフィンを使用する事で、
やはり、ターンを軽くさせるセッティングとなっています。

これから、両方を乗り比べ、その違いをしっかりと確認する事にしてみましょう。

2016-03-25-09-17-37
いや〜、それにしても、このロゴは、たまらんなぁ〜。

そう、今回、ジョシュにフィッシュのバリエーションについて、
しっかりと話を聞いてきましたよ。

新しいモデルも含め、かなりのバリエーションを持つジョシュのフィッシュシリーズ。
今度、改めてご説明させていただきますが、オーダーの方もどんどんかけていきますので、
入荷の方も楽しみにしててくださいね。


2016-03-25-09-30-23

2016-03-25-09-30-00
続いて、PendoflexのJumping Bean。

このボードは、セット頭半ぐらいのサンセットクリフスで試乗。
ですが、その日のブログでもお話しした通り、
頭蓋骨陥没ギリギリのスーパーヒットで、
耳から流血する大アクシデントに見舞われ、
数本しか乗っていないので、何とも・・・。

判りません・・・。

その日の最大の印象は、ただ痛い・・・。
それだけです。

いやいや、でも、その何本かしか乗りませんでしたが、
このボード、相当深いシングルコンケーブが入っているのですが、
めっちゃくちゃ早かったですよ。

そんで、何て表現すればいいのでしょう・・・、
踏み込むと、ブンブン反発してくる感じがあるんです。

うわっ!おもしれ〜!って、思ってた矢先、頭蓋骨陥没直前・・・。

はい、終了です。

2016-03-25-09-28-21
それにしても、嬉しいですね〜。
シェールさん、足の怪我で、結構、大変だっていうのに、
こんなに素晴らしいペリカンの絵を描いてくださって・・・。

2016-03-25-09-30-33
デッキのアートもいい雰囲気ですね。

そう、スティーブさんと入水した時、シェールさんは、
岸で見てたのですが、これがまた凄いんですよ。

私が乗ると、岸から、ものすごい声援が聞こえるんです。

ヘ〜イ!!

ツヨシ〜!!

イエ〜イ!!イエイ、イエイ、イエ〜イ!!って。

気になるから目線をそっちに向けると、両手をブンブン振り回しながらの大声援。
本当に、あそこのご夫婦は、最高に楽しくて幸せなお二人なんですよね。

そう言えば、私がもう一歩オーダーした、ラバーダッキーの変化球版の
フィッシュテイルがメチャクチャ深くカットされたボードですが、
これも、いい感じでしたね〜。(写真撮り忘れました。スミマセン。)

なんか、フィッシュテイルが深く切り込まれててテイルが踏めないから、
テイルキックを付けるといいかもな〜とか、スティーブさん、
色々と考えてるみたいでした。

スティーブさんは、ユニークなアイディアをどんどんボードに注ぎ込む、
面白いシェイパー。1本1本時間をかけ、物凄く拘ってシェイプするんです。
だから、私のそのニューラバーダッキーも、どんなものに仕上がるのか、
出来上がりが楽しみですね〜。


それでは、今日はここまで。

休みの間ご注文いただいた皆様。

本日は、申し訳ございません。出荷できませんでした。
どうせ時差ボケで、早い時間に目が覚めると思いますので、
今日は、自宅に送り状を持って帰り、朝方、一斉に送り状を
書いてしまおうと思っております。
ですので、発送は、明日から一気に進めますので、
もうしばらく、お待ちください。


それでは、本日最終のポチを
よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



時差ボケにヤラレてます。
ホーリー梶川