02192
先日入荷した、Liddle M3P Pintail 6'6"。
本当は、通販でご注文をいただき、お客様の手に渡るところだったのですが・・・。
店でぶっ倒して、レイルをクラッシュさせてしまったのです〜。

お客様に速攻で電話し、どうしましょ〜?
って、泣き付きながら色々とご提案させていただいた結果、
私がキープしていた、6'8"をお譲りする事に。
そして、その代わりに私がこちらを。

結果的には、6'8"はノーマルのM3Pを持っているので、
まあ、良かったのかと・・・。

そんで、今日、リペアから帰ってきました。

いやいや〜、素晴らしい直りっぷり。

言われなきゃ、分かんないぐらいですね〜。

ウチを出入りしてるリペアマンのジョージくんは、別格の腕前。
ティントのボードでも、ブラシじゃなくて同じティントカラーで
ビシッと直してきますからね〜。
多くのリペアマンに直してもらいましたが、
まあ、別格の腕前のジョージくん。

それこそ、遠方の方でも、わざわざお金をかけて送ってきても、
十分価値があるぐらい素晴らしい技術なのです。

02191
そんで、今日は、ニヤニヤしながら、フィンを立て悶々とイマジン。

明日あたり、出番が来るかも知れませんね。

ただでさえ動きの良いM3Pが、ピンテイルっちゅ〜んだから、
相当、軽い動きが楽しめるのでしょう。



それにしても、70歳を過ぎたグレッグさんですが、
凄いですよね〜。

70歳を過ぎて仕事を現役でしている事自体でも凄いのに、
更なる進化を続け、ニューモデルまで出しちゃうんですからね〜。

脱帽。

脱帽でございます。

そう言えば、サンディエゴの巨匠、スキップ・フライ氏も
ニューモデルを出してきましたね〜。

ジョシュからその話を聞き、ジョシュと二人でオーダーしたのですが、
既にシェイプが終わり、明日、ジョシュが引き取りに行くとの事です。

早く写真を送れ〜!って、言っときましたから、
明日には見る事ができるでしょう。

今回は、簡単な説明だけ受け、どんな感じなのか、
詳細が分からぬままオーダーしちゃいました。

その時も気持ちは同じ。

74歳のスキップ氏の新しいチャレンジに感動し、
何も言わずに買わせていただいたのです。

分かっているのは、よりパフォーマンスに優れた
ミッドレンジのフィッシュボード。
サイズもジョシュ任せ〜。


まあまあ、とにかく、凄いお二人です。

70を過ぎて、店をやってる自分なんか、
全く想像つきませんからね〜。

私なんか、その前にランニング中に
心臓発作で死んでるでしょうね。


はい、それでは、ポチタイム。
ポチッとかないと、あなたのコンピューターだけ、
スキップさんの写真が見れないように設定しちゃいますよ〜。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



いろんな手でポチさせようとする、
ホーリー梶川