本日は、サーフボード選びについて。

オルタナティブボードの範囲ってもの凄く広くて、
結局、自分が何を買ったらいいか分からないって方も、
少なくないと思います。

そこで、本日は、そんな皆様の為に、
ボード選びの極意を伝授させていただこうと思っております。

まず初めに、貴方が、次のボードに何を求めるかが一番大事。

今のボードは、長くて動かないから、短くて動くボードが欲しい。とか、
短いのは持ってるから、伸び伸びクルーズのミッドレングスが欲しい。って感じで。

そしてもう一つ。

サーフボードには、自動コントロールシステムはついていません。

これに乗ったら、多分、リッピングができるんだろうな〜。とか、
これに乗ったら、長いボードのくせにグイングイン動いてくれて面白いんだろうな〜。とか、
そんな事は期待しないでください。

あくまでも、コントロールするのは貴方。
ショートボードに乗ったって、アップス&ダウンができなければ、
そんな動きはできませんし、テイルが踏めなきゃ、ミッドレングスは突っ走るだけ。

サーファーが、そのボードの持っている特性を引き出してあげれば、
そのサーファーが、サーフボードに期待していた乗り味を楽しめるのです。


それでは、代表的なサーフボードのタイプ別に、その特性をご説明します。

キールフィンフィッシュ
03181828_5509452d6d01a

10231734_5629f11ebbc57

12071506_5483ee7be0ede

キールフィンとは、レイキの無い三角形のフィン。
サンディエゴフィッシュなどが、その代表です。

キールフィンフィッシュは、ドライブの効いたターンが楽しめるボードです。
ボトムでテイルを踏み込むと、他のフィンシステムでは味わえない、
物凄い伸びが楽しめるサーフボード。
その反面、しっかりと、テイルを踏んでいないと、急激なターンは難しくなります。

1970年代初めには既に存在し、その後、大きな変化もないまま現代に継がれた、
完成度の高いサーフボードです。

オススメのサーファーのスタイル

・ショートボーダー、または、元ショートボーダー
・アップスが出来るロングボーダー


クワッドフィッシュ
12051827_5662adf9787af

03181953_55095927a4ada

ジョシュ・ホールで言う、フィッシュシモンズ系のボードです。
このタイプのボードは、とにかく、癖がなく誰もが楽しめるボードと言えます。
スピードとターン性能のバランスが良く、誰もがメインボードとして扱える、
超高性能なサーフボード。迷うのは、サイズだけですね。
体重にもよりますが、7'代なら、ターンでストレスを感じることはありません。
5'代〜6'代前半なら、ショートボーダーに好まれる乗り味となります。
迷ったら、このタイプかもしれませんね。


ミッドレングスシングルフィン
05261649_5382f2225a4b4

10231821_5629fc079053f

10301525_56330d54a49a4

12061300_5663b2c52f6ae

このボードは、クルーズすることを目的に作られたボード。
ですので、このボードで、ガンガン動かすことは考えてはいけません。
逆に言ってしまうと、そんな事してたらカッコ悪いですね。
早いテイクオフから、大きなターンで、伸びやかなサーフィンを
したいというサーファーにオススメしたいボードです。

オススメのサーファーのスタイル

・ショートボーダーだけど、小波でゆっくりと遊びたい。
・アップスは苦手だけど、少し、軽い動きのボードに乗ってみたい。


ミッドレングストライ/クワッド
12051822_5662acc7d7e97

01131802_569612aab2801

ミッドレングスでも、フィンがトライやクワッドになれば、全く違う乗り味となります。
一気に反応が良くなりますので、動きを求めるサーファーに向いたボードと言えます。
簡単に言ってしまえば、ハイパフォーマンスファンボードと言ったところでしょうか。
ハマりますよ〜。これは。
ガンガン波のに乗れて、超高速でバッシーン!!って出来るんですから。

オススメのサーファーのスタイル

・混雑した海で波を取りたいけど、いつもの様に
しっかりとボードを動かしたいショートボーダー。
・アップスを練習したい方、または、ロングボーダー。


ミニシモンズ
05242026_538081df3a2ab

05101409_554ee825c7004

10031212_542e14022dc2e

11051635_563b06de94461

ミニシモンズは、スーパーパフォーマンスボード。
浮力を生かし、それによって、よりアグレッシブなターンを生む
今までのショートボードでは感じる事のない最高の道具です。

浮力があるから、思いっきりスピードに乗るのですが、場合によっては、
動きに関しても、通常のショートボードより上といった事もあるぐらい、
とてつもないパフォーマンスを持ったボードです。

オススメのサーファーのスタイル

・5'代のミニシモンズは、完全にショートボーダー向き。
基本的には、アップスが出来るショートボーダー向きのボードですが、
6'代の浮力が十分にあるものを選べば、ロングボーダーでも楽しめるでしょう。


ハルスタビー
01221459_56a1c52d485b6
11201850_564eecd231ae8

ハルは、スピードを第一に考えてデザインされたサーフボード。
いつもお伝えしていますが、ハルとスピードという面で
比較、または、対抗できるボードは存在しません。

そのスピードの虜となったサーファーは、ハルにハマり、
ハルしか乗らなくなる方も少なくありません。

ただし、ハルを乗るには、それなりの理解が必要です。
柔軟に乗り方を変える必要があり、それが出来ない方、または、
乗り方を変えたくない方にはオススメできません。
ハルに乗ったからといって、おかしな癖がつく事はありません。
私は、ハルに乗り始めてから格段にターンが上達しました。
本当のレイルワークを覚えたいサーファーにオススメしたいですね。

オススメのサーファーのスタイル

・ロングボーダー。ロングが上手なサーファーは、ハルに上手く乗ります。
・しっかりとしたターンを覚えたいサーファー・
・そのとてつもないスピードとやらを体験してみたいサーファー。



如何ですか?
参考になりましたよね。

参考になったという方は、下のポチボタンを押しつつ、
この勢いでボードを買ってしまいましょう!
他の店で買っちゃダメよ〜。




にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




ホーリー梶川