1
早いもので、ウエアハウスのデニムパンツですが
穿きこみ開始から4ヶ月が経ちました。

着用頻度は、ほぼ毎日。

皮脂でデニム生地を傷めてしまうので、洗濯は、汗をよくかく夏場はこまめに、
気温が下がってからは2週間目安で洗濯しております。
着用開始からトータルで約10回ほど洗濯した感じですかね。

本当に良い表情になってきてくれましたよ〜。


4
まずは、4ヶ月経過したデニムパンツのフロント部。


過去1
こちらは、着用開始してから約1ヶ月経過した頃の写真。


2B
現在の表情は、普段からコインケースをポケットに入れているので、
この部分は色落ちのメリハリがしっかり出ています。


過去5A
約2ヶ月半経過した頃、薄らと細かいヒゲが出始めていた右ポケット部付近。


8A
ヒゲの濃淡もしっかりと出て、良い表情になってきました。
写真だと伝わり辛いのがちょっと残念ですが…。


続いて、バックサイド。


過去7
約2ヶ月前の成長具合。
ここから、さらに穿きこんだ結果。


5
如何でしょう!?

両サイドのポケットに入れている、お財布と携帯電話。
サーフボード梱包などで立ったりしゃがんだりを繰り返し、
凹凸部分が擦れ、さらにメリハリが生まれました。
バックはフロントよりも擦れる部分が多いため、
部分部分のアタリがハッキリしてますね。


7
ベルトループも擦れて、こんな表情に変化してきてますよ〜。


過去8
のぺ〜っとしていた太もも〜膝回りも。


6
立ったりしゃがんだりの日々の作業を行っていた為、
膝回りのコントラストも出て良い感じでしょ?


リジットデニムは、穿きこめば穿きこむほどに自分自身のライフスタイルが表現でき、
自分好みに変化させていく楽しみを味わえ、ものすごく愛着が湧いてきてますよ。
(私も、着用しているデニムパンツが可愛くて仕方がありません。)

ウエアハウスのデニムの色落ち、細部のパーツまで経年変化する魅力、
シルエットの良さはどれを取っても最高レベル。

気温が徐々に下がってくるこれからのシーズン、
デニムパンツを育てるには最適な気候となります。

皆さんもお好みのスタイル(シルエット)を選んで、
リジットから育て、自分だけの一本にしてみませんか?

初めから穿きやすく色落ち加工されたデニムパンツも良いですが、
生デニムをゼロから穿きこんで、自分だけの一本に育てていくのも
良いもんですよ〜。


CHECK!!



素材やシルエットにこだわり、履きこむことで本物のヴィンテージ
のような色落ちとなるウエアハウスのデニムパンツ。
当店、自信をもってオススメ致します。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



一休