10141
先日、スティーブさんとシェールさんにお会いした際、
お土産にいただいたSLIDE MAGAZINE #22。

この号では、ナント、14ページに渡りお二人が特集されているのです。

14ページって凄いボリュームですからね〜。

本日は、お二人の凄いところを、SLIDE MAGAZINEを通して、
ご紹介させていただこうと思います。

10142
まず、最初にこの見開きの写真。
おととい皆さんにお見せした、あの全面ラバーのRUBBER DUCKYです。
やはり、Pendoflexの最大の特徴って言ったら、このラバーを使用していることですよね。

10143
ここから、本題に入るのですが、
この号では、スティーブさんとシェールさんの歴史や過去の逸話。
そして、サーフボードのテクノロジー等を紹介しております。
(と言いますか、紹介している様です。英文が長くてどこを読んでも
途中で挫折してしまいます。すみません。今度、時間をかけ、じっくりと
訳してみたいと思います。)

101420
スティーブさんもシェールさんも、波乗りの腕前は別格。
そして、毎日の様に海に通い入水するのです。

最高のサーファーが、毎日、海でボードをテストし、
そして、感じた事をそのままシェイプに反映させる。

シェイパーの鏡でもありますよね。

そう、大レジェンド、スキップ・フライ氏も、そうじゃないですか。

10147
左の写真は、サーフマットで波乗りを楽しむスティーブさん。
ロング、ショート、サーフマット、パイポ等、
何でも乗ってしまうマルチサーファーなんです。

Pendoflexを乗る有名なサーファーも少なくありません。
左の写真では、ビッグウエーバーのチャップマン・マーフィーが、
6'5"のPendoflexに乗っています。

そう、ラスタビッチも乗ってますからね。

10149
いろんな写真が紹介されていますね。
左ページの大きな写真と右ページの右角の写真は、ラスタビッチ。

101410
80年代のお二人のツーショット。

101411
シェールさんのカットバック。
現役で大会に出ていた頃の写真ですね。

101412
90年代の写真。
今も、相変わらず仲が良いんです。

101413
こちら、アーティストとしてのシェールさん。
彼女は、古くからアーティストとしても活躍していて、
多くの授賞歴を持つ本格的なアーティスト。

作品集を何冊も出版する程、そちらの世界でも有名なお方なのです。

101414
こちら、左は、プロサーファーであり、映像クリエイーターのサイラス・スットン。
スティーブさんが調子が悪いって言ってた、あの全面ラバーのラバーダッキーに
乗っちゃってますね〜。
まあ、彼だったら、調子よく乗っちゃうんですようね。

そして、右のスキップさんとの2ショット。
これは、スキップさんお気に入りだった、シェイプ1,000本目を記念する
10'8"のフィッシュシモンズを、スティーブさんがPendoflex仕様にしたコラボボード。
スキップさん、お気に入りの様ですよ。

101418
スティーブさんのライディング。
ロングも、かなりの腕前ですね〜。


お二人は、サンディエゴを代表する超有名なサーファーであり、
シェイパー、アーティストなのです。

スティーブさんがおっしゃってました。

「いつも、ジョシュは、シェールと話してる時、イエスしか言わないんだよ。」

それぐらい、リスペクトされる立場なのでしょうね。当然、スティーブさんも。


今回は、2回に渡りお二人の事を紹介させていただきました。
今後も、お付き合いを深め、より多くの情報を皆様にご提供出来たらと
思っております。




明日のブログも期待ですよ!
ポチしてくれなかったら、ブログ、
辞めようかと思ってます。

ウソ!それは出来ないけど、
今日も宜しくお願いします!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ヨロピクです。
ホーリー梶川