タグ
当店で取扱い開始させて頂くこととなったウエアハウス。

素材やシルエットにこだわり、履きこむことで限りなくヴィンテージに近い色落ちが楽しめる
レプリカブランドの中でも群を抜いた存在です。

本日は、入荷したLot.1001、Lot.800、Lot.900のシルエットを
比較してみようと思います。


※3モデル共に、ウエストサイズ31で比較。
修正A
まずは、全体のシルエット。

右からウエアハウスのド定番Lot.1001、現代のスタンダードモデルLot.800、
ウエアハウスが提案するテーパードスリムシルエットのLot.900。

Lot.1001は、大戦後に製造されたやや裾細のモデル。
50年代の無骨な雰囲気が最高です。

Lot.800は、Lot.1001よりもやや細身のストレートを採用。
様々なコーディネートにも万能に対応出来ます。

Lot.900は、同社が「大人が穿けるスリム」をテーマに掲げていることあって
スッキリしたシルエットですね。


続いて腰回り。

腰A
※上からLot.1001、Lot.800、Lot.900。

Lot.1001は、ジャストサイズでも腰回りにはゆとりをとっているので
ボリュームがあります。

また、Lot.1001のベルトループはLot.800&Lot.900とは異なり、
ビンテージ同様オフセットされています。


裾A
そして、裾幅。

並べるとさほど差がないように感じますが…。


裾B
※下からLot.1001、Lot.800、Lot.900。

重ねると差がハッキリ出ますね。

最後は、デニム生地。

denimA
Lot.1001&Lot.900には、30年代のデニムバナーを解析し開発した
13.5ozデニム生地を使用。
ビンテージのデニム生地に限りなく近づけております。


denimB
一方、Lot.800はLot.1001&Lot.900に使用している生地を
さらにアップデート。
Lot.1001&Lot.900に比べ、ザラつき感があり
やや肉厚の14.5ozデニムです。


デニムの色落ちの魅力とシルエットの良さは
どのモデルも最高レベル。

お好みのスタイル(シルエット)を選んで、リジットから育ててみませんか?


CHECK!!



本日も宜しくお願い致します。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村




一休