1111a
先日、店に持ち帰った川南 活さんシェイプのBoogie 6'0"。
このボードは、以前から気になっていたボード。

1111d
この、フラットなロッカーとボリュームなのに、何故だかスイスイ。
結構、動いてるんですよ。
そりゃ、テイクオフはとんでもなく早いですよ。
どんなボードだって、太刀打ち出来る訳がありません。

1111e
ノーズら凄いボリュームですからね〜。

まさに、湘南で生まれ育った、湘南スペシャル!!って感じ。
と言うか、パワーの無いタルい波専用の小波スペシャル〜!!ですね。

でも、話しによると、デカ波でのパフォーマンスも素晴らしいって噂・・・。

ドルフィンが厳しいボードですので、回り込んでアウトに出れるポイントで、
試してみたいですね〜。

カツさん曰く、ノーズのボリュームが凄いからロッカーが弱くても、
ノーズの浮力で反発し、波のボトムに引っ掛かる事が無いんだそうです。

そしてこのボード、実は、最近できたモデルではなく、何十年も前から
存在してるボードで、色々なサイズを作ったりと試行錯誤を繰り返した、
歴史の古いモデルだそうです。
そして今では、6’0”というサイズに落ち着き、これをオリジナルとして
皆、楽しんでいるそうです。

カジカワ君、まあ、とにかく、このサイズに乗ってみてよ。

って感じで、私も完全にお任せでオーダーさせていただきました。

1111c
フィンも、色々と試されたそうです。
今では、ちっこいキールフィンが後ろ目にセットされています。
これも、色々試した結果だそうです。

何気にフィンは、Birds(ジョージ君)が作ってるんですね。

1111f


1111g
早速、ワックス塗って、何時でも出陣出来る体制が整いました。
気を付けないと、乗り捲って怒られそうっすね。

皆さん、楽しみにしてて下さいね〜。

世界には、たくさんの素晴らしいシェイパーが存在します。
ホーリースモークでは、カリフォルニアのサーフカルチャーを
皆さんにお伝えするショップ。
でも、日本にも素晴らしいシェイパーが存在するってところを、
皆さんに知っていただきたくて、今回、敢えてこうやって皆さんに
お伝えしてるのです。

人生一回しか無いんすから。
色々経験して色々楽しみながら勉強する。
うん。これが、ホーリースタイル。



1111i
今日は、ちょっとシュールに。
題名は、”Boogieと俺”。


因に、ラングラーのボアランチコートはコチラ。

CHECK!!



カツさん、もし、これを見たらポチお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



ホーリー梶川