以前から気になっていた、バルブカバーからのエンジンオイル漏れを改善する為、
ブリーザーボックスを装着してみました。

0216b
先ずは、バルブカバーを外します。

0216a
外したバルブカバーにドリルで穴をあけ、フィッティングを装着します。

0216c
これが、ブリーザーボックスの本体。
エンジンが高回転になった時、エンジンケース内の圧力が上がり、
エンジンケースやバルブカバー等から圧力を逃がそうとします。
その際、同時にオイルも吹き出してしまうのですが、事前に、
ホースで圧力とオイルを抜き、ブリーザーボックスに廻す構造となっています。
簡単な仕組みのただの箱。でも、いい仕事をしてくれるのです。

0216d
続いて、エンジンチンにドリルで穴開け。

0216e
奇麗に開きました。

0216f
同様に反対側も。忘れてはいけないのは、グロメットをちゃんと付ける事です。
エンジンの振動でホースがすぐにブチ切れてしまいますから。

0216g
あとは、ブリーザーボックスと、フィッティングを付けたバルブカバーをホースで繋げば完成!

前のBUSもコレを付けてましたが、付けてから妙に調子が良くなりました。
エンジンが高回転までスムースに噴け上がるし、音も静かになった様な気がします。
本当は、エンジンケースにもフィッティングを付けて、
そこからもブローバイガスを抜いてやった方が良いのですが、
また次回のお楽しみとしときましょう。

高いものじゃないし、取り付けも簡単だから、
皆さんも、是非、やってみたら如何でしょう。


あまりにもマニアックなブログ記事でしたが、
ポチの程、よろしくお願い致します!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村


ホーリー梶川