blue34a
昨日発売された、雑誌Blue.No.34。
今回も、ニクい事やってくれましたね〜。

ミッドレングスの特集です。

ミッドレングスの歴史や様々なボードの紹介まで、事細かく記された内容ある一冊にまとまってます。


blue34b
そして、何と言っても、我らがマーク・アンドレイニ氏が登場!スキップ・フライ、テリー・マーチンと肩を並べ、レジェンドシェイパーとして紹介されています。


blue34c




ミッドレングスというポジショニング。

日本では、悲しい事に”ファンボード”と呼ばれ、初心者向けのボードとしてみられる事が多い様ですね。

それは、大きな勘違い。

”ミッドレングスボード”は、テイクオフがイージーでそう見られがちですが、決して、小さい波専用のボードではないのです。

その長さと浮力を利用した、大きなラインの優雅でダイナミックなカットバックを可能にするのも、ビッグバレルで深いチューブを抜ける事を容易にするのも、何を隠そう、この”ミッドレングス”。

私は、大きい波こそ、周りからファンボードと言われている、”ミッドレングス”のボードに乗り、波の全てを使い切る、最高のサーフィンをしてもらいたいと常に考えます。

今回のBlue.No.34では、ミッドレングスの本当の魅力が充分に理解出来る、為になる1冊ですよ。

皆さん。書店へ急ごう!





0311a

本日、3月11日。

一年前のあの気持ちをずっと胸に。

皆で、日本を築いていきましょう。