brom57khaki6先月入荷し、あっという間に売切れてしまったSteve BromのTwin Fin。
既に乗られたお客様から多くの感想をいただき、大変、嬉しく感じております。

いつも、サーフボードを販売したら、「感想を聞かせてくださいね。」と声をかけさせて頂いてますが、特に、今回のブロムに関しては、皆さんからの反応が非常に早く、そして何より、最高のコメントをいただいております。

私が申し上げても、結局のところは売り手側の話となってしまい、皆さまにお伝えできる観点が限られてしまうので、今回は、ぜひそのご感想を紹介したいと思います。
今回、7本のフィッシュを販売させて頂きました。
そのうち、貴重なご意見をいただいたのは、3人。(少ない?そんなこと無いですよ。まだ、2週間しか経ってませんし、乗ってない方もいらっしゃいますので。)

皆さん共通して、

とにかくテイクオフが早い。
そして、ターンが物凄く軽い。

とおっしゃっています。
中には、見た目がずんぐりしてるのに、動きは全く別物ですね。とか、今迄、相当多くのフィッシュに乗ってきましたが、こんなに動きが軽いのは初めて。とか。

嬉しいじゃありませんか。
今迄、ブロムを信じてきて、少しずつこの良さを解っていただけた事が、私にとっては、最高の幸せです。
私は、元々、ショートボーダー。9年ほど前にサンディエゴフィッシュに初めて乗り、スピードの違いが生み出す、自分自身のサーフィンの可能性を強く感じました。

それからと言うもの、お店を通じ、皆さんにこの素晴らしいサーフボードを乗っていただこうと、オルタナティブボードの取り扱いをスタートしました。
私は、販売する以上きちんとご説明が出来るようにと、とにかくたくさんのサーフボードに乗りました。年間で20本以上パーソナルボードとして手に入れたと思います。

スティーブ・ブロムのフィッシュとの出会いは、今から5年前だったでしょうか。
最初は、やはり、皆さんと同じようにずんぐりしてて変わったアウトラインだな。なんて感じましたが、乗った瞬間にそれまでのイメージは無くなってしまいました。
今まで乗ってきた、サンディエゴ系のフィッシュから3インチ短くしても、まだ、ブロムの方が早い。何より一番驚いたのがターン。フィッシュの弱点とされる、カットバックやバックサイドが、物凄くスムースなんですね。
途端に、私はブロムの虜となり、それからというものマイボードコレクションからブロムのフィッシュが外れた事がありません。(いつも、一緒に海に入る人なら知ってることでしょう。常に車に積んでますもんね。)ブロムのフィッシュで色んな事を覚えましたね。と言いますか教えてもらいました。

他にも好きなシェイパーやボードはたくさんありますよ。
でも、ブロムのフィッシュは、私の中で1つのカテゴリーとして、完全に確立されているのです。

もう一度、私の口から言わせてください。(文面なので、口ではないですね。)

ブロムのフィッシュは、全体的にボリュームがあり、短くする事でテイクオフが遅くなることはありません。肝心なのは、ボトムのVee。他にTwinにVeeを採用しているシェイパーは見かけませんね。
Veeにより、レイルtoレイル、すなわち、切り替えしが大変早い。そして、最後にテイルエリアの絞込みです。早い切り返しでターンの動作に入り、カーブしたテイルエリアのラインは、水に余計な抵抗を与える事無く、スムースにターンをしてくれるのです。

長くなりましたが、とにかく、BromのFishは、乗った人にしか解らない、凄い力を秘めたサーフボードなのです。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村