331





本日は、南房総某ポイントへ。
予想通り、入水後一時間位で、風はサイドとなりツルツルだったフェイスは、一気にガタガタに。
まあ、サイズがあったのでボチボチ遊べるコンディションでした。

そんな事より、本日乗ったボードは、ミツベンのLOVE BOARD。そう、Simmフィッシュです。(SOLDOUTになってるの、実は、私が乗っちゃいました。)

こいつ、かなりヤバイボードですね。
今迄、変態系サーフボードは、数え切れない程乗ってきました。正直、乗らなくても大方の想像は出来るものなのですが、コイツの場合、想像していたものと全く違いましたね。ビックリです。

駄目。駄目だってば。
ココから先は、ポチってやってからだよ。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

Mini Simmonsは、以前、トライした事があったのですが、私には理解できませんでした。(もっと、乗り込まなきゃいけなかったのかもしれません。シェイパーはナイショです。)
とにかく、そのボードはテイクオフだけはエライ早いのですが、その後が何にも出来ない、”真っ直ぐ野朗”という印象でした。

見た目は良く似た今日のSIMM。
駄目なんじゃないの?多分。ッてな感じで1ラウンド色んな事を試してみました。

テイクオフ、爆速。
スピード、極速。
ターン、激軽。

もう、ビックリです。
何だか、フワフワとHullの様なフィーリングもありながら、ターンはスーパードライブするしで、最高に楽しいボードですね。あの動きは、完全にハイパフォーマンスボードですね。

強いノーズロッカー、相当深いコンケーブ、フィンセッティング等のバランスなのでしょうね。

アレだけテール幅があるのに、何故、あんなに軽くカットバックやターンが出来るのかが、いまだに理解できませんが。

何しろ、あんなにヘンテコな形のボードなのに、最高にバランスの良いボードなのでした。