ジェリーさん自然に溶け込んだ雰囲気を持つ方でした。サーフィン界の”神様”ジェリー・ロペス氏(私の顔が多きのではなく、確かに、ジェリーさんは、小さかったのですが、私が興奮して、前に飛び出ていたからです。遠近法です。)






実は、既にパタゴニアのHOMEPAGEでは、HOLYSMOKEの名前が正規取扱店として、掲載されているのですが、HOLYSMOKEからは、まだ皆様には、正式にインフォメーションしていませんでした。まだ、店頭に品物が並んでいなかったので、ちゃんと、皆様にお伝えできないと考えていたからです。
この秋冬は、少しずつ、お客様からのご注文を中心に取り扱い、年明けからは、本格的にパタゴニアの正規取扱店として、展開して参りたいと考えております。

皆様の中には、今更、PATAGONIA?とおっしゃる方もいらっしゃるかと思います。何故、今更PATAGONIAをスタートしたのかと申しますと、PATAGONIAの企業としての姿勢に、共感を感じたからです。果たして、PATAGONIAの製品を熟知してると思われている方の中には、本当のPATAGONIAの素晴らしさを理解されている方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。
以前、PATAGONIAの展示会で、商品説明から企業理念までの説明を受けてきたのですが、凄い会社ですよ。この会社は。
いつか、改めて皆様にもその凄さをご理解していただこうかと思いますので、今後、少しずつ、お伝えしていこうと考えておりますが、とにかく、地球(自然)に対しての感謝の気持ちや、失われてきた自然を、言葉だけではなく、実際に、他の企業には無い、非常に高いレベルで実行しています。
PATAGONIAのスタッフの多くは、アウトドアスポーツを楽しんでいます。ただ、楽しむのではなく、楽しましてくれる地球(自然)に感謝の気持ちを常に持ち、その地球を傷つける事の無い、商品の開発や、楽しみ方を、自然にユーザーに伝えているかの様です。まさに、会社理念が、しっかりしているからこそなし得る、社員の姿なのです。

最近では、エコとか、企業が地球を守る動きや商品が多く見られますが、実際には、営利目的のキーワードになってしまっている部分もあるかと思います。(と私は考えております。)そして、もしかするとそういった会社の社員さんの中には、道端にタバコの吸殻を捨てたり、人目が無いところでは、簡単にごみをポイ捨てしている人もいるかもしれません。だって、そうじゃなきゃ、こんなに世の中、ごみが落ちてないと思いませんか。
でも、もう、そんな時代ではないというか、そんな時期じゃないと思います。地球は。
これからは、地球(自然)の大切さを考え、いかに、共存させてもらっているかというのを認識していかないと、怒られちゃいますよ。地球に。

PATAGONIAは、1970年代から、商品やブランドの力を通し、ユーザーに自然の偉大さ、大切さ、そして、人はあくまでも、自然の一部に過ぎないということを伝えてきました。
HOLYSMOKEでも、そんな、考えや行動を、少しでも伝えていきたいと考え、今回の運びとなったのです。