CALIFORNIA MFG. HOLYSMOKE別注ランチコーチト

皆様には、お待たせし、大変ご迷惑をお掛けしている、カリフォルニア MFG.ホーリースモーク別注ランチコートですが、今季は非常に少ない生産数量となっております。ご希望の方は、予約を入れることをお勧めいたします。
出来上がりが、想像出来る様、ご説明いたします。
基本的なアウトラインは、昨年と同様です。デザインでの差は、背中側のヨークが、シングルのアーチから、ダブルのアーチとなります。肩ヨーク・袖口に使用するレザーは、ムートンベストで使用した、キャメルのバッファローレザーです。ボディー全体の素材は、昨年同様、牛スエードです。スエードのカラーは、今迄も使用していた、ベイジュとなります。イメージ的には、バッファローの部分が、光沢感があり、引き締まって見えると思います。

いかがでしょうか。想像が付きましたでしょうか。一言で言えば、昨年までの物に対し、特別、大きな変更はございませんが、光沢感があるバッファローレザーが、より高級感を味わえる仕上がりになっていると思います。

ご不明な点は、ご遠慮なく、お問い合わせください。

寒い時期のレイヤリング

レイヤリングって言葉を皆さんご存知でしょうか。

要は、重ね着なのですが、物凄く重要な事なんですよ。しっかりとしたレイヤリングと、何も考えずにレイヤリングした際では、全く違う結果が生じます。
街に出掛ける際は、サーマル(ワッフル生地等)を着用し、その上にネルシャツなりパーカーでも着て、アウターを羽織れば万全ですが、特に、これからウインタースポーツ等を楽しむ際には、Cotton素材のサーマルを着たり、トレーナーを重ね着したりでは、全くお話になりません。寒い思いをするのも当然です。

まず、一番、肌に近い部分は、ポリエステル系(ウール混等もOK)のアンダーウエアを着用し、次にやはり、ポリエステル素材のフリース等を着ます。この時、無ければ、ウール素材のセーターでも構いません。(セーターは、濡れると発熱効果があり、保温性を落としません。)
その上に、防水機能のある、アウターシェルを着用しましょう。その時、忘れてはいけないのは、ソックスや、下着のパンツです。パンツは、体の中心にあるので、まだ、そこまでシビアではありませんが、ソックスは、化繊等を使用した、しっかりとした物を着用しないと、直ぐに冷えてしまいます。

特に、汗をかいて、運動を止めた際は、汗が蒸発する際に、一気に体温が下がりますので、繊維に水を含むCottonは、厳禁です。体に一番近いファーストレイヤー(肌着)は、機能素材を必ず着用しましょう。
普段の街でのお出掛けでも、まるっきり違いますよ。アンダーウエア1つで。
もう1つ。より、暖かくて快適な環境を求める場合は、なるべく体にフィットする物を選ぶことによって、飛躍的に保温性を高めることが出来ますので、サイズ選びにも注意してください。

サーフボードの選び方

よく皆様に、シングルフィンってどんな感じ?とか、ツインと4フィンってどんな風に違うの?なんて、よく質問されます。
ここで、まとめてみましたので、参考にしてみてください。

トライフィン
トライに乗ったことが無い方は、あまりいらっしゃいませんよね。現代のスタンダードです。回転性、安定性に優れた、バランスのいいシステムです。このトライを基準に話を進めましょう。

ツインフィン
ツインフィンでも、大きく分けて、2つに分かれます。マーク・リチャーズタイプは、人によっては、回転性が良過ぎて、加速しない。っておっしゃる方もいらっしゃいます。確かに、トライから乗り換えたりすると、加速する事よりも、ボードが頭を振りすぎて、伸びを感じないかもしれません。
一方、キールフィンを使用した、ロケットフィッシュタイプは、圧倒的な加速感を味わえるボードです。トライのショートボードから乗り換えた場合、ボトムターンの伸びの違いに、驚きます。ショートに比べ、太いラインで、ダイナミックなサーフィンに向いています。ただ、テイル幅がある為、カットバックは、慣れないと難しいかもしれません。

クワッド(4フィン)
見た目は、ツインの延長線に見え、皆さん、ツインと比べる方が多いのですが、全く、比較対象になるボードではありません。似ているのは、スタイルだけで、乗り味は、トライフィンに非常に近い感覚です。3年ほど前に初めて4フィンに乗ったとき、トライフィンとの差が解らなかったほどです。トライよりもう少し引っ掛かりがしっかりしていて、ターンに切れがある感じがいたします。ただ、引っ掛かりが強い分、トップアクションで、しっかりと蹴り込めない方は、スプレーが上がりにくく、さびしい思いをするかもしれません。まあ、その分、様々なシーンで、フィンがしっかりと働いてくれるって事にも繋がるのですが。
最近の、フィンシステムの中で、一番バランスが良いと思います。4フィンが合わない方は、存在しないはずです。
ツインザーて言うのがありますが、あれは、少し、引っ掛かりが強くて、確かに切れのあるターンが可能なのですが、その癖の強さに、慣れるのに時間がかかるかもしれません。

FONZER(BONZER・5フィン)
一番、皆さんが知らないシステムだと思うのですが、こいつは、最高にバランスの良いシステムです。回転性、スピード共に、どのシステムと比べても、トップクラスで、乗られた方は、皆さん感激してくれます。イメージとしては、テイクオフをして、自分の描いたラインを、そのままトレースしていくような雰囲気です。シングルフィンの気持ちいいツボっていうのがあるのですが、それが、常に味わえるっていう感じです。4フィンと同様、パフォーマンスの高いフィンシステムです。ただ、テイルをしっかりと踏めない方は、一気に回転性を失います。それがウイークポイントという訳ではなく、スタンスを修正する練習にもなるボードです。
とにかく、一回、SHELTER(シェルター)を見れば、ドノバン・フランケンレイターや、テイラー・ノックスの動きの違いが解る筈です。

SINGLE FIN
難しいとか、走らないとか、フィンが一本で、信用できないって思われている方が多い様ですが、実は、最高に面白いのがシングルフィンです。私の場合、波が最高の日は、絶対にシングルフィンに乗ります。一番素直で、自然な動きをしてくれて、回転性だって、実は、一番あるのです。一番あるというのも当然、軸が一本しかない訳ですから、当然です。ただ、その反面、失速しがちになることもございます。(FREERIDEは、失速しない不思議なボードですが。)
言葉は悪いですが、ごまかすサーフィンというのもあります。サーフボードの性能で自分のクセや足りないところを補うサーフィン。それを求むなら、シングルは、向いていないのですが、基本をマスターしたければ、絶対にシングルがお勧めです。波と調和した時の一体感を、ダイレクトに感じる事の出来る一番シンプルなフィンシステム。

私の好みで言えば、海に行く際は、シングルフィンを軸に考え、ツイン、FONZER、4フィンをアシスタントに持っていけば、間違いなく、最高のサーフィンが出来るはずです。

HOLYSMOKEって?

たまに勘違いしている方が、いらっしゃるみたいなのですが、HOLYSMOKEの意味って、直訳しちゃいけません。
Holy Smoke!!の意味は、アメリカのスラングで、びっくりした!!とか、すっげぇ!!っていう意味で、Oh my GOD!!と良く似た意味合いの言葉です。Holy Cow!!とか、Holy Cat!!とかも、同じ意味で、よく使うみたいです。
店の前で、おばちゃんが看板を見上げ、怪しそうなお店ね。なんて、顔をしながら立ち去るのを目にするのですが、思わず、引き止めて説明したくなります。

ワックスアート

waxart








最近、忙しくてあんまりやってませんが、結構面白いですよ。色の濃いボードなんか、特に綺麗に見えます。
やり方は簡単。まず、ワックスの角を使って、ボードに好きな絵を描きます。後は、普段と同じ要領で、ワキシングしてあげれば、こんな面白い絵が浮き上がってきます。固めのワックスが調子いいようですね。暇があったら、試してみてください。

Scotty Stopnik

scotty3






最近、話題沸騰中の、スコッティー・ストプニック。
若くして、自分のスタイルを確立している、いいサーファーです。クラッシックなカリフォルニアスタイルの、ロングでのライディングは、コンテストに向いたサーフィンではないようですが、HURLEYが唯一、ロングボーダーでスポンサードしているぐらい、彼のサーフィンは、認められています。彼の凄いところは、ショートボードのライディングのレベルの高さです。ECのシェイプする、Fryed Fish(ロケットフィッシュ)や、FONZERで、エアーやスリーシックスティーをメイクするアグレッシブなサーフィンを見せてくれます。
トータルで、ここまでレベルの高いサーフィンが出来るサーファーは、カリフォルニアでも、そう簡単に見つかるもんじゃ無いと思います。
オッサンになった彼のサーフィンを、早くみたいです。

scotty2scotty1

エリック・クリステンソン

ericshepe






エリック・クリステンソン。30歳というシェイパーとしては、若い年齢ながら、スキップ・フライ氏との接点も深く、直接、譲り受けたテンプレートも多く持つ、セントラルカリフォルニアでは、人気のあるシェイパーです。職人気質の強いシェイパーで、非常に丁寧にシェイプする為、1日に2〜3本のボードをシェイプするのが限界のようです。
非常に真面目で、30歳とは思えないほど落ち着いた性格の彼は、部屋で静かにギターを弾くのが趣味。その腕前は、プロ並みといっても過言ではないほどです。スコッティーとのセッションを聴いた事があるのですが、相当なもんでしたよ。

これからが、益々期待のシェイパー、ECです。

eric






surfboards

USEDアイテム

usedsweat






HOLYSMOKEでは、状態の良いUSEDのみを取り扱っています。いくらビンテージ物で、珍しい物でも、状態に少しでも難があるものは、絶対に仕入れません。アメリカで、ダンボールでまとめて買って、その中から、ピックアップして、売れる物だけを店頭に並べる、といったよくある古着屋さんのやり方は、ウチではやっていません。(そのやり方が悪いといっている訳ではございません。ウチのやり方とは違うだけです。)
ですので、ビンテージではないけれども、珍しい物や、デッドストック並みのコンディションの物のみが、店頭に並んでいます。70年代のサーファーが、好んで着てたようなアイテムが中心ですので、その辺りの古着を探されている方には、面白い品揃えだと思いますよ。
HOMEPAGEで、少しずつアップしていきますので、楽しみにしててください。

STEVE BROM CUSTOM SHAPES

こんな、ぶっといノーズのサーフボードなんて、あんまり無いですよね。
重くて、船みたいに浮いて、古臭くて、全然ダメだと思いますよね。普通は。
いやいや。全くの勘違いです。最高に軽い動きで、圧倒的な速さのテイクオフと加速。強めのVボトムは、急激なターンも可能にしてくれます。病み付きになる不思議なサーフボードです。
詳しくはココ。


nose

ロケットフィッシュ シングル

rocketsingle






こんな、変な板があるんです。エリック・クリステンソン(EC)に頼み込んでシェイプしてもらった、Rocket Fishのシングルフィンです。
実は、70年代には、この、フィッシュのシングルってあったんですよ。古い記事を見ていた時に、これを見つけて、つい、乗ってみたくなったので、試に作ってもらったのです。
まだ、怖くて乗っていないのですが、どうなんでしょうかね?大き目のFINを使用しないと、ボトムターンで簡単にFINが抜けちゃうかもしれませんね。
この冬に、乗ってみます。また、乗ったら、レポートいたします。

ダウングッズのお手入れ

長く愛用したダウンウエアなど、ほったらかしにしておくと、匂いや、汚れが気になるものです。気持ち良く着用する為には、こまめに洗濯をいたしましょう。
皆さん、ダウンジャケットなど、クリーニングに出してますよね。正直、お金がもったいない。大事な物は、ご自分でケアいたしましょう。普段の洗濯と変わらない要領で、見違えるように綺麗になりますよ。

それでは、手順です。

1、用意する物
・選択用ネット。
無ければ、無くても問題ありません。あった方がいいかなレベルです。
・中性洗剤
出来たら、液体タイプをお勧めいたします。玉になって残ると、また、すすぎなおしをしないといけませんので。

これだけです。

2、方法
まず、ベルクロテープ(マジックテープ)の付いている物は、全て、♂♀を留めてください。これを怠ると、ナイロン生地に、傷をつける恐れがあります。

3、この先は、通常の選択と同じ要領で、ガンガン行ってください。特に汚れの目立つ場所は、中性洗剤の原液を、直接塗って、もんでいただくと、大体は、落ちると思います。脱水は、全自動の洗濯機の場合は、すすぎが終わって、洗濯層に偏っている場合、洗濯機が大きく揺れたりすることがございますが、その際は、一度、洗濯機を止めて、ダウンウエアを洗濯層に均一になるようにしてから、再度、脱水してください。
通常の洗濯との相違点は、すすぎ洗いです。通常よりも念入りに、すすぎ洗いを行ってください。

4、脱水が終わった、ダウンウエアは、ペッタンコのみすぼらしい姿に変わりますが、ご安心ください。乾燥は、自然乾燥でも構いませんが、時間がかかりますので、低温に設定された乾燥機で、一気に乾燥させます。

この要領で、フッカフカの新品の様な、ダウンウエアに蘇ります。
厳密に言いますと、ダウンは、水鳥の持っている、自然の油が撥水機能を生み、ダウンが少々濡れても、中のダウンが、簡単にビショビショにならない様になっているのですが、どうですか?臭くて汚いのと、その機能が低下してしまうのと比較して。山中で使用する、登山家の方でなければ、洗うことをお勧めいたします。

私は、年に数回は、洗濯いたします。過去に、洗濯によるトラブルも無いですし、リフレッシュして、最高です。水洗いの方が、風合いが変わってしまうといった様な、表面のナイロンへのダメージやがございませんので、安心して洗濯してください。

皆さんも、試してみてください。一切の責任は、取りませんが、リフレッシュしたダウンは、最高ですよ。

注意
レザーが一部でも使用された、ダウンには、不向きです。
例えば、Crescent Down Worksの様に、スナップボタンの裏側に、ボタン抜け防止用に使用している、あの程度の物でしたら、問題ございません。

HOLYSMOKEオリジナル HOT KEEP TANK

hotkeeptank1hotkeeptank2






これは、最高にに便利なアイテムです。
サーファーの皆さんでしたら、水を被る際に、ポリタンクが重いと思われたことは、絶対にあるはず。
そんな問題を解消したのが、このHOLYSMOKEオリジナル、ホットキープタンクです。4リッターのタンクが、3つ中に入っていますので、楽チン水浴びが出来ます。女性の方にも、嬉しいアイテムですね。
シェルに使用しているナイロンも、非常に厚手で丈夫ですし、保温材となるウレタンも、厚手の物を使用していますので、真冬でも、しっかりとお湯の温度をKEEPしてくれます。他にも、カラーがございますので、HOMEPAGEをcheckしてください。

HOLYSMOKE別注 CALIFORNIA MFG.

おかげさまで、非常に好評のCALIFORNIA MFG・ダウンベストですが、現在工場の方に、追加生産の交渉をしております。
今のところ、まだ答えが出ておりませんが、来週には、皆様にお答えできるかと思います。
現状、ご希望の方には、予約という形でご注文をお受けしておりますが、生産背景の方が、はっきり解り次第、正式なオーダーとさせていただきます。
皆様には、ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒、ご理解の程、よろしくお願いいたします。

calmfg2






calmfg1calmfg3







calmfg5






calmfg4calmfg6

WETSUIT PRICE(FULLSUIT)

WET SUIT PRICE

FULL SUIT(表スムーススキン)

スタンダードモデル 
5mm×3mm ¥52,000- 3mm×3mm ¥50,000-

特徴:HOLYSMOKEの提案する、クラシカルで、シンプルなモデル。
切り返しの少ない、非常にシンプルなパターンを採用しつつも、動きの良さを追求したデザイン。

表:スムーススキン
裏地:ノーマルジャージ
ノーマルファスナー

スタンダードモデルに、アクアジップを装備するだけでも、充分な保温性を確保。より保温性を求める場合は、オプションでスーパーネッスルを洗濯するだけで、真冬の寒い海でも、快適なSURFINGを約束してくれます。
より保温性 、軽量性を求める方は、エアーフレイム、エアーサークルをお勧めいたします。


OPTION

防水機能オプション

YKK防水ファスナー(アクアジップ)¥8,000-
ファスナー自体から、水が浸入することはございません。ファスナーの開閉も、非常にスムースで柔らかく、パドルの際に、違和感を感じない、最高のファスナーです。

インナー(ファスナー周りの防水用インナー) ネック付き ¥10,000- ネック無し ¥8,000-
防水ファスナーとは違い、ノーマルファスナーを使用し、インナーの構造により、防水性を高める機能です。首元から背中にかけて、一番、冷たく感じる箇所からの水の浸入は、全くありません。非常に、効果的なオプションです。より防水性を高めたい場合は、更に防水性を高めたい場合は、ネック付きのオプションをお勧めいたします。


マテリアルオプション

エアーフレイム(保温性★★★★★、ストレッチ性★★★☆☆) ¥12,000- 
水よりも熱伝導率の低い空気を多量に含むことで、保温効果を発揮する「中空糸」。現在まで開発が困難とされていた「水切れ」と「肌触り」を高次元で両立するため、ナイロンとポリエステルを絶妙なバランスで配合しました。更に、「皮膚表面の水分を吸湿し発熱する先進のテクノロジー」との融合も果たした「エアフレイム・ジェネレーション7」は、数ある起毛素材の頂点に立つ「極上の発熱起毛素材」です。

エアーサークル(保温性★★★★☆、ストレッチ性★★★★☆) ¥10,000-
「冬のスーツは重い」という常識に革命を起こしました。 また、「軽さ」と「保温性」を両立させるため、「セラミックパウダー」をブレンドし、保水率の低いポリエステル中空糸を採用。特徴的なディンプル柄は、肌との接地面を少なくし「ドライ感」を高めるための機能を発揮します。脱水性も良く、乾きも早い「エアサークルアルファ・ジェネレーション7」は、常識を覆す「超軽量速乾起毛素材」です。

スーパーネッスル(保温性★★★☆☆、ストレッチ性★★★★★) ¥6,000-
最高の肌触りが特徴の、スーパーネッスル。超極細繊維を高密度で、編み込むことにより、最高の肌触りを感じていただけます。また、非常にストレッチ性が高く、これまでにない、驚異的な柔らかさを感じていただけます。2年目、3年目でも、その柔らかさは保たれる程です。軽量性、ストレッチ性に優れた、バランスの良い素材です。

スムーススキン(ノーマル)(保温性★★☆☆☆、ストレッチ性★★★☆☆) ¥0-

デザインオプション

胸1本ライン¥3,000-  胸2本ライン¥4,500-  胸3本ライン¥6,000-  その他¥6,000-〜
(サンプルのデザイン程度でしたら、¥6,000-アップとなります。)

その他、フルスーツ以外のオーダーや、他の箇所へのデザインをご希望の場合、別途、お見積もりとなりますので、お問い合わせください。

オリジナルWETSUIT

HOLYSMOKEのオリジナルのウエットスーツです。
個人的には、もう少し、控えめな方が好きなのですが、皆様にこんなことが出来ますよ。って言う、サンプルとして、色々やってみました。
パターンは、独自に作りましたので、よりクラシカルな雰囲気のスーツに仕上がっています。余計な所には切り返しがありませんので、生地の取り都合は良くないのですが、かっこよさ重視で、その辺は、こだわっています。
シンプルなつくりですが、動きもスムースに行えますし、素材や、ファスナー、その他の仕様も色々と選べますので、ご自身の完全なオリジナルスーツをお作りすることが出来ます。
胸のデザインは、皆様の好みで、どんな物でもできます。あまり細かすぎたりすると、強度の問題等が出てきますので、お勧めいたしませんが、好きなデザインをFAXやMAILでいただければ、思い通りのデザインで、仕上がります。袖や、足にもラインや、模様が入れられます。
オーダーは、全て、皆様の体にフィットする様、完全な採寸を行いますが、遠方の方は、測り方や、図る場所をご説明いたしますので、お問い合わせください。
価格については、表を別途、用意しておりますので、そちらを参照してください。

wet1










wet3wet9










wet2wet4











wet7wet8






wet5wet6

最高の波

夏の最高の波、Part2です。
今年は、あまり良い波が無かった様に記憶しておりますが、こんな日もありました。セットオーバーへッドで、天気も良くて無風の最高の一日でした。仕事前に、4時間ロングな1Rを満喫しました。どうもすみません。

chitose1






chitose2






chitose3

最高の波

ここのカテゴリーには、良い波も悪い波も、海に関する内容を皆様にご紹介していこうと考えております。まずは、この夏の良かった波を見ていただきましょう。場所は、敢て言いませんね。静岡の某POINTです。解る方は、一発で解りますね。

omaezaki3






omaezaki2






omaezaki1

パタゴニア 正規取り扱い

ジェリーさん自然に溶け込んだ雰囲気を持つ方でした。サーフィン界の”神様”ジェリー・ロペス氏(私の顔が多きのではなく、確かに、ジェリーさんは、小さかったのですが、私が興奮して、前に飛び出ていたからです。遠近法です。)






実は、既にパタゴニアのHOMEPAGEでは、HOLYSMOKEの名前が正規取扱店として、掲載されているのですが、HOLYSMOKEからは、まだ皆様には、正式にインフォメーションしていませんでした。まだ、店頭に品物が並んでいなかったので、ちゃんと、皆様にお伝えできないと考えていたからです。
この秋冬は、少しずつ、お客様からのご注文を中心に取り扱い、年明けからは、本格的にパタゴニアの正規取扱店として、展開して参りたいと考えております。

皆様の中には、今更、PATAGONIA?とおっしゃる方もいらっしゃるかと思います。何故、今更PATAGONIAをスタートしたのかと申しますと、PATAGONIAの企業としての姿勢に、共感を感じたからです。果たして、PATAGONIAの製品を熟知してると思われている方の中には、本当のPATAGONIAの素晴らしさを理解されている方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。
以前、PATAGONIAの展示会で、商品説明から企業理念までの説明を受けてきたのですが、凄い会社ですよ。この会社は。
いつか、改めて皆様にもその凄さをご理解していただこうかと思いますので、今後、少しずつ、お伝えしていこうと考えておりますが、とにかく、地球(自然)に対しての感謝の気持ちや、失われてきた自然を、言葉だけではなく、実際に、他の企業には無い、非常に高いレベルで実行しています。
PATAGONIAのスタッフの多くは、アウトドアスポーツを楽しんでいます。ただ、楽しむのではなく、楽しましてくれる地球(自然)に感謝の気持ちを常に持ち、その地球を傷つける事の無い、商品の開発や、楽しみ方を、自然にユーザーに伝えているかの様です。まさに、会社理念が、しっかりしているからこそなし得る、社員の姿なのです。

最近では、エコとか、企業が地球を守る動きや商品が多く見られますが、実際には、営利目的のキーワードになってしまっている部分もあるかと思います。(と私は考えております。)そして、もしかするとそういった会社の社員さんの中には、道端にタバコの吸殻を捨てたり、人目が無いところでは、簡単にごみをポイ捨てしている人もいるかもしれません。だって、そうじゃなきゃ、こんなに世の中、ごみが落ちてないと思いませんか。
でも、もう、そんな時代ではないというか、そんな時期じゃないと思います。地球は。
これからは、地球(自然)の大切さを考え、いかに、共存させてもらっているかというのを認識していかないと、怒られちゃいますよ。地球に。

PATAGONIAは、1970年代から、商品やブランドの力を通し、ユーザーに自然の偉大さ、大切さ、そして、人はあくまでも、自然の一部に過ぎないということを伝えてきました。
HOLYSMOKEでも、そんな、考えや行動を、少しでも伝えていきたいと考え、今回の運びとなったのです。

早速の目玉商品

早速のアウトレットです。雑誌、BLUEでも先日、紹介されたばかりなのですが、最後の一枚ということで、この価格にさせていただきます。詳しくは、HOMEPAGEにて。価格は、29,400円です。ラスト一枚。ご興味のある方は、急いで!!

canadianmulti1






canadianmulti2





canadianmulti3

いらっしゃいませ。

本日より、HOLYSMOKEのBLOGがスタートいたします。最新の情報を、より早く、皆様にご提供できる様、努めて参りますので、今後とも、よろしくお願い致します。
Online Store
HOLYBLOGLOGO2
livedoor プロフィール
BLOG内検索
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
Revolver Maps
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
人気BLOGランキング
人気ブログランキングへ
SURFSIZE
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中
ブログ村 サーフィン
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログ村 マリンスポーツ