ポイントサービス スタート

本日より、HOLYSMOKEのホームページから、お買い物いただきました方に、ポイントが付くサービスを開始いたしました。
お買い物の要領は、今までと同じですが、お買い物いただいた金額に対し、5%のポイントがつき、次回から貯まったポイントをご利用いただけるサービスです。ポイントは、最後のお買い物から、半年保存できますので、どんどんポイントを貯めて、どんどんポイントを利用してください。

※サーフボード、セール商品につきましては、ポイント対象外とさせていただきます。ご注意ください。

シルバーアクセサリー

all





HOLYSMOKEで展開しているシルバーアクセサリーのご紹介です。
お店では、もっと多くのコレクションをご用意しておりますが、BLOGでは、一部、人気のアイテムをご紹介いたします。
一番の人気は、アメリカの古いシルバーコインを使用した、ヒッピージュエリーです。シンプルながら、非常に強い個性を持つ、コレクションです。
もう1つが、キーフック(キーホルダー)です。腰のベルトループから鍵をぶら下げるタイプですが、走ったりしても、外れることはございません。今回ご紹介するのは、今までのオールシルバーに対し、少し贅沢な、ゴールド入りです。詳しくは、HOMEPAGEをご覧ください。
smileMORGAN







keyholdercross

テイル形状

サーフボードの、テイルの形状に関してのご質問が多いので、ここで、皆様に私の主観も含めて、ご説明させていただきます。
レトロ系のボードについては、皆様がご想像している程、極端な差を感じることは無いかもしれません。
レトロ系のボードは、シングル、トゥイン、クワッド、ボンザーと、様々なフィンセッティングがあり、アウトラインも全て違います。ですので、そのサーフボードの、全ての要素が合わさって、最終的な乗り味やフィーリングに繋がりますので、テイル形状だけでは、判断する事は出来ません。

tail






この様に、全ての要素で、レトロ系サーフボードの、乗り味が決まると言うことは、ご説明させていただきましたが、一応、ボードの種類別に、テイル形状の相性等をご説明いたします。(あくまでも、ロッカーや、ボトムデザインを無視しての話です。極端な話、有能なシェイパーは、決まったアウトラインのサーフボードを、ロッカータ、レイル、コンケーブ等で、どんなフィーリングのサーフボードにも変える事が出来ますので。)

シングルフィン
レトロ系のボードの中で、一番、テイル形状の種類が多いのが、シングルフィンです。一般的なテイル形状の判断でお考えいただいて良いと思います。結構、テイル付近のアウトラインと、テイル形状で、ボードの動きは変わってきます。幅があれば、早くテイクオフも楽ですが、大きい波や、パワーのある波では、フィンが抜けやすかったり、ターンが難しいかもしれません。一方、細めのテイルのラウンドピン等は、運動能力が高いのですが、テイクオフに自信のある方に向いています。小さなダイヤモンドや、スワローは、あまり大きく感じることは無いと思います。それより、かっこ良さです。

トゥインフィン
フィッシュやスワローが主流です。特にロケットフィッシュ系は、レイルを入れてボトムターンをする際、一時的に、水に浸かった側のテイルのみが作用し、シングルフィンと同じ様な、接水面となります。これにより、ピンテイルのシングルと同じ様に、動きの軽いターンが出来る訳です。ECでは、ビッグダイヤモンドテイルもあります。これは、フィッシュに比べ、圧倒的に早いテイクオフで、回転性は、あれだけ幅があっても、失われることがございません。先程も申上げた通り、ボトムのデザインや、ロッカーで調整しているからです。ダイヤモンドテイルも、新しい発想で、非常に面白い乗り味となります。

クワッド
トゥイン程、テイルによる差はございませんが、トゥインと同じ様な、変化が見られます。最近では、ダイヤモンドや、ラウンドもございます。ダイヤモンドは、より早く。ラウンドは、スムースなターンを望む方に向いています。

BONZER
一般的には、ダイヤモンド、ラウンドが良いとされています。よりスムースなターンを得ることが出来ます。ですが、DVDシェルターでは、ドノバン・フランケンレイターやテイラー・ノックスが乗っている、最高の動きをするボンザーは、スワローテイルです。要は、フィンのセッティング、アウトラインの方が大事で、正直あの板のテイルが、他の形状のボードだったとしても、彼らのライディングには影響しなかったと思います。

この様に、サーフボードのテイル形状は、見た目としては、非常に大きく左右されますが、乗り味という部分では、シェイパーの腕次第で、如何様にも調整出来る物なのです。レトロ系のサーフボードには、無数の形がありますので、一概には、言えないものなのです。

残念なお知らせとなりました。

非常に残念なお知らせです。

California MFG.ムートンダウンベストの方ですが、誠に残念ながら、追加生産の方が出来ませんでした。
ご予約をいただいた多くの皆様には、心からお詫び申し上げます。

今回の、主な原因としましては、生産工場の方で、度重なるトラブルに追われ、今季の生産は不可能と見切りをつけ、連絡して来た次第であります。
私の予想を遥かに上回る反響で、読みの甘さを心より反省している次第でございます。

今後の考えとしましては、来年の生産分として、これから、ホームページやブログにて、ご案内させていただこうと考えております。来期は、早めの納期を考えております。予定では、夏頃には上がってくる様、これから、工場と打ち合わせをして参りますので、予約が取れる状況になりましたら、ご希望の方がいらっしゃいましたら、その際は、ご一報いただけます様、何卒宜しくお願いいたします。

それでは、残念なお知らせではございましたが、何卒、ご理解の程、よろしくお願いいたします。

ランチコートの方も、非常に少ない数量のみの展開となっておりますので、こちらの方も、ご希望の方は、お早めに、お問い合わせ、ご予約くださいませ。

SKOOKUM【スクーカム】 スタジャン

skookum1skookum2






1939年からニットウエア、スタジャン(アワードジャケット)の生産を手掛けるSKOOKUM(スクーカム)です。
アメリカでは、古くからそのクオリティーを評価されており、多くのチームウエアを支えてきました。
物作りには非常にこだわりがあり、素材から縫製に至るまで、少しの妥協もございません。
生産も、本国の自社工場によるもので、生産効率よりも、品質管理を徹底している数少ないブランドです。

HOLYSMOKEでは、SKOOKUM(スクーカム)に毎年、別注をかけています。カラーの組み合わせは、勿論ですが、サイズの方も、日本人の体系に合わせ、より体にフィットする様、アレンジしています。タイトフィットで、最高にかっこいいですよ。
全9色の展開です。詳しくは、ホームページを覗いてみてください。

今年も残りわずか

xsmas








今年も、残すところ、あと3週間。皆様、お忙しい日々を、お過ごしの事でしょう。これでも見て、一息、ついてください。

カナディアンSWEATER お買い得品

canadiansweater42






カナディアンセーター社の、HOLYSMOKE別注カウチンセーターです。昨年、作った物ですが、ベーシックアイテムですので、長く着ることの出来る一着です。色目も最高ですよ。ラスト一枚になったので、スーパープライス出してみました。

Lightning(ライトニング)掲載商品

ライトニング31日発売のライトニング1月号に、HOLYSMOKE別注、カナディアンセーターが、紹介されています。(12ページ)、70s Surf Styleのコーナーにも、ビンテージのライトニングボルトのジャケットが、掲載されていますので、是非、チェックしてみてくださいね。

カナディアン

12月の定休日

12月の定休日は、3日(月)、10日(月)、17日(日)となります。
24日(月)は、通常営業いたします。
31日(月・大晦日)は、夕方、5時までの営業となりますので、ご注意ください。

ダウンと化繊どっちが暖かい?

これから、本格的な冬となり、一番寒くなる季節です。そんな時、一番重宝するのが、いわゆるダウンジャケット。ダウンジャケットといっても、いろんな種類があります。天然のグースダウンにしても、フィルパワーっていうのがあります。500フィルパワーとか、見たり聞いたりしたことがあるはずです。フィルパワーとは、世界的な検査基準が設けられております。検査方法は、1オンスのダウンをシリンダーに入れ、ペッタンコに潰し、その戻ってくる復元力を数値にするのです。数値が高ければ高いほど、空気の含有量が高くなるわけですから、暖かくて軽い、いいダウンといえます。現在のダウンでは、通常は、500フィルパワー以上で、高級ダウンと言えるでしょう。中には、800フィルパワー以上の、最高級品もございますが、その分、価格も上がってまいります。
化繊綿の方は、どうかと言いますと、最近、目まぐるしく新素材が開発されており、スペック上では、最高級ダウンを上回る、高品質な化繊綿が使用された、インサレーションジャケットが出回っています。価格の方も、高級ダウンより安く、洗濯もダウン以上にイージー。ウインタースポーツ等で、濡れても大丈夫。汗等の湿気も綿に含むことが無く、常にドライで快適。どれをとっても、カタログ上では、ダウンより上です。ただ、着た感じが肝心で、ダウンは、小さな単位の集合体なのに対し、化繊の方は、一定の厚さのシート状になっています。ということは、着用した際、ダウンは、自由自在に体にフィットしてくるのですが、化繊の方は、決まった形のシートですので、体にフィットしてきません。

ここでまとめますと、ダウンは、どちらかというと、汗をかいたりしないシーンで、とにかく暖かさを求める場合に調子がよく、化繊綿は、スポーツシーンや、アウトドアで、コンディションの変化が、常に一定しない場所で使用するのに向いているといえるでしょう。
まあ、正直、カッコ良かったら、中に入っている物なんて、あんまり関係ないのですが。

アウトレット追加

カーハートと、ロスコのカモフラージュパーカをアウトレット価格にて、販売いたします。どちらも定番中の定番アイテムだけに、一枚持っててもいいんじゃないでしょうか。特にカーハートのMADE IN U.S.A.は、2度と手の入らない、最後の在庫です。店によっては、逆に値段が上がってもおかしくないと思いますよ。因みに、品物には特別な不具合はございません。rothcocarhartt

KIDS アイテム

あまり知られていない方も、多いかと思いますが、HOLYSMOKEでは、キッズアイテムも展開しております。アイテム的には、アメリカから仕入れた、USEDが中心で、今の時期ですと、ネルシャツ、カレッジプリントトレーナー、ラルフローレン ボタンダウンシャツ、オーバーオール等です。
価格も、非常にリーズナブルな設定にしてあります。
お父さんと同じようなスタイルで、ビシッと決めるのに良いと思います。アメカジは、汚れても良いですし、ガンガン気にせず着せられていいですよ。

ALOHAGLASSING

alohaEC SURFBOARDSの強い見方、アロハグラッシング。ラミネーターのスティーブ・アルビン氏は、非常に職人気質の強い頑固親父。余計な能書きを並べてオーダーすると、ヘソを曲げてしまう程、こっちが気を遣ってしまう事もあるぐらいです。
しかし、その腕は、カリフォルニアのシェイパーに一目を置かれ、シェイプの特徴を最大限に生かす、最高の仕事をしてくれます。ラミネートのクオリティーは、最高レベルのもので、今迄、ホーリースモークで取り扱ったECやELETICの中で、剥離が発生したボードは、一本もございません。中には、仕上がりが重い。とおっしゃる方もいらっしゃいますが、それは、私、個人的な好み。
重い方が、レトロスタイルのボードの性能を、発揮し易いですし、ボードが長持ちいたします。軽くしたい場合は、それなりのオーダーをすれば、いくらでも軽くし合えることは可能です。強度だけが彼の持ち味ではありません。ティントカラーの色出しの良さは抜群です。ホーリースモークが、これまで取り扱ってきたボードを見ていただければ、お判りいただけるかと思います。steve2steve1

CRESCENT DOWN WORKS

クレセント






クレセントダウンワークス。1974年にアメリカのシアトルで生まれたダウンブランド。そのコレクションは、ホーリースモークで展開している、定番のアイテムから、もっとヘビーなダウン、キッズダウンまで、10数種類のコレクションを長く定番として作り続けてきたブランドです。
古い昔、The North Faceのダウンウエアを生産していた事もある、実績のあるブランドです。
生産は、今でもアメリカの自社工場で行っており、商品に対するこだわりが今でも貫き通されています。(現在、世界のダウン製品の9割以上が、中国での生産となっています。)
使用している素材は、非常にオーセンティックな物で、60/40 Cloth、ナイロンリップストップ、ナイロンタフタの3種類を使用しています。中に入っているダウンは、650フィルパワーの高級グースダウンを使用しています。
全体的なシルエット、デザインは、どのモデルも70年代から80年代に多く見られた、クラシカルでシンプルな物ばかりです。アメリカでも非常に少ない、Made in U.S.A.ダウンブランド。貴重な存在です。

CALIFORNIA MFG. HOLYSMOKE別注ランチコーチト

皆様には、お待たせし、大変ご迷惑をお掛けしている、カリフォルニア MFG.ホーリースモーク別注ランチコートですが、今季は非常に少ない生産数量となっております。ご希望の方は、予約を入れることをお勧めいたします。
出来上がりが、想像出来る様、ご説明いたします。
基本的なアウトラインは、昨年と同様です。デザインでの差は、背中側のヨークが、シングルのアーチから、ダブルのアーチとなります。肩ヨーク・袖口に使用するレザーは、ムートンベストで使用した、キャメルのバッファローレザーです。ボディー全体の素材は、昨年同様、牛スエードです。スエードのカラーは、今迄も使用していた、ベイジュとなります。イメージ的には、バッファローの部分が、光沢感があり、引き締まって見えると思います。

いかがでしょうか。想像が付きましたでしょうか。一言で言えば、昨年までの物に対し、特別、大きな変更はございませんが、光沢感があるバッファローレザーが、より高級感を味わえる仕上がりになっていると思います。

ご不明な点は、ご遠慮なく、お問い合わせください。

寒い時期のレイヤリング

レイヤリングって言葉を皆さんご存知でしょうか。

要は、重ね着なのですが、物凄く重要な事なんですよ。しっかりとしたレイヤリングと、何も考えずにレイヤリングした際では、全く違う結果が生じます。
街に出掛ける際は、サーマル(ワッフル生地等)を着用し、その上にネルシャツなりパーカーでも着て、アウターを羽織れば万全ですが、特に、これからウインタースポーツ等を楽しむ際には、Cotton素材のサーマルを着たり、トレーナーを重ね着したりでは、全くお話になりません。寒い思いをするのも当然です。

まず、一番、肌に近い部分は、ポリエステル系(ウール混等もOK)のアンダーウエアを着用し、次にやはり、ポリエステル素材のフリース等を着ます。この時、無ければ、ウール素材のセーターでも構いません。(セーターは、濡れると発熱効果があり、保温性を落としません。)
その上に、防水機能のある、アウターシェルを着用しましょう。その時、忘れてはいけないのは、ソックスや、下着のパンツです。パンツは、体の中心にあるので、まだ、そこまでシビアではありませんが、ソックスは、化繊等を使用した、しっかりとした物を着用しないと、直ぐに冷えてしまいます。

特に、汗をかいて、運動を止めた際は、汗が蒸発する際に、一気に体温が下がりますので、繊維に水を含むCottonは、厳禁です。体に一番近いファーストレイヤー(肌着)は、機能素材を必ず着用しましょう。
普段の街でのお出掛けでも、まるっきり違いますよ。アンダーウエア1つで。
もう1つ。より、暖かくて快適な環境を求める場合は、なるべく体にフィットする物を選ぶことによって、飛躍的に保温性を高めることが出来ますので、サイズ選びにも注意してください。

サーフボードの選び方

よく皆様に、シングルフィンってどんな感じ?とか、ツインと4フィンってどんな風に違うの?なんて、よく質問されます。
ここで、まとめてみましたので、参考にしてみてください。

トライフィン
トライに乗ったことが無い方は、あまりいらっしゃいませんよね。現代のスタンダードです。回転性、安定性に優れた、バランスのいいシステムです。このトライを基準に話を進めましょう。

ツインフィン
ツインフィンでも、大きく分けて、2つに分かれます。マーク・リチャーズタイプは、人によっては、回転性が良過ぎて、加速しない。っておっしゃる方もいらっしゃいます。確かに、トライから乗り換えたりすると、加速する事よりも、ボードが頭を振りすぎて、伸びを感じないかもしれません。
一方、キールフィンを使用した、ロケットフィッシュタイプは、圧倒的な加速感を味わえるボードです。トライのショートボードから乗り換えた場合、ボトムターンの伸びの違いに、驚きます。ショートに比べ、太いラインで、ダイナミックなサーフィンに向いています。ただ、テイル幅がある為、カットバックは、慣れないと難しいかもしれません。

クワッド(4フィン)
見た目は、ツインの延長線に見え、皆さん、ツインと比べる方が多いのですが、全く、比較対象になるボードではありません。似ているのは、スタイルだけで、乗り味は、トライフィンに非常に近い感覚です。3年ほど前に初めて4フィンに乗ったとき、トライフィンとの差が解らなかったほどです。トライよりもう少し引っ掛かりがしっかりしていて、ターンに切れがある感じがいたします。ただ、引っ掛かりが強い分、トップアクションで、しっかりと蹴り込めない方は、スプレーが上がりにくく、さびしい思いをするかもしれません。まあ、その分、様々なシーンで、フィンがしっかりと働いてくれるって事にも繋がるのですが。
最近の、フィンシステムの中で、一番バランスが良いと思います。4フィンが合わない方は、存在しないはずです。
ツインザーて言うのがありますが、あれは、少し、引っ掛かりが強くて、確かに切れのあるターンが可能なのですが、その癖の強さに、慣れるのに時間がかかるかもしれません。

FONZER(BONZER・5フィン)
一番、皆さんが知らないシステムだと思うのですが、こいつは、最高にバランスの良いシステムです。回転性、スピード共に、どのシステムと比べても、トップクラスで、乗られた方は、皆さん感激してくれます。イメージとしては、テイクオフをして、自分の描いたラインを、そのままトレースしていくような雰囲気です。シングルフィンの気持ちいいツボっていうのがあるのですが、それが、常に味わえるっていう感じです。4フィンと同様、パフォーマンスの高いフィンシステムです。ただ、テイルをしっかりと踏めない方は、一気に回転性を失います。それがウイークポイントという訳ではなく、スタンスを修正する練習にもなるボードです。
とにかく、一回、SHELTER(シェルター)を見れば、ドノバン・フランケンレイターや、テイラー・ノックスの動きの違いが解る筈です。

SINGLE FIN
難しいとか、走らないとか、フィンが一本で、信用できないって思われている方が多い様ですが、実は、最高に面白いのがシングルフィンです。私の場合、波が最高の日は、絶対にシングルフィンに乗ります。一番素直で、自然な動きをしてくれて、回転性だって、実は、一番あるのです。一番あるというのも当然、軸が一本しかない訳ですから、当然です。ただ、その反面、失速しがちになることもございます。(FREERIDEは、失速しない不思議なボードですが。)
言葉は悪いですが、ごまかすサーフィンというのもあります。サーフボードの性能で自分のクセや足りないところを補うサーフィン。それを求むなら、シングルは、向いていないのですが、基本をマスターしたければ、絶対にシングルがお勧めです。波と調和した時の一体感を、ダイレクトに感じる事の出来る一番シンプルなフィンシステム。

私の好みで言えば、海に行く際は、シングルフィンを軸に考え、ツイン、FONZER、4フィンをアシスタントに持っていけば、間違いなく、最高のサーフィンが出来るはずです。

HOLYSMOKEって?

たまに勘違いしている方が、いらっしゃるみたいなのですが、HOLYSMOKEの意味って、直訳しちゃいけません。
Holy Smoke!!の意味は、アメリカのスラングで、びっくりした!!とか、すっげぇ!!っていう意味で、Oh my GOD!!と良く似た意味合いの言葉です。Holy Cow!!とか、Holy Cat!!とかも、同じ意味で、よく使うみたいです。
店の前で、おばちゃんが看板を見上げ、怪しそうなお店ね。なんて、顔をしながら立ち去るのを目にするのですが、思わず、引き止めて説明したくなります。

ワックスアート

waxart








最近、忙しくてあんまりやってませんが、結構面白いですよ。色の濃いボードなんか、特に綺麗に見えます。
やり方は簡単。まず、ワックスの角を使って、ボードに好きな絵を描きます。後は、普段と同じ要領で、ワキシングしてあげれば、こんな面白い絵が浮き上がってきます。固めのワックスが調子いいようですね。暇があったら、試してみてください。

Scotty Stopnik

scotty3






最近、話題沸騰中の、スコッティー・ストプニック。
若くして、自分のスタイルを確立している、いいサーファーです。クラッシックなカリフォルニアスタイルの、ロングでのライディングは、コンテストに向いたサーフィンではないようですが、HURLEYが唯一、ロングボーダーでスポンサードしているぐらい、彼のサーフィンは、認められています。彼の凄いところは、ショートボードのライディングのレベルの高さです。ECのシェイプする、Fryed Fish(ロケットフィッシュ)や、FONZERで、エアーやスリーシックスティーをメイクするアグレッシブなサーフィンを見せてくれます。
トータルで、ここまでレベルの高いサーフィンが出来るサーファーは、カリフォルニアでも、そう簡単に見つかるもんじゃ無いと思います。
オッサンになった彼のサーフィンを、早くみたいです。

scotty2scotty1

Online Store
HOLYBLOGLOGO2
livedoor プロフィール
BLOG内検索
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
Revolver Maps
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
人気BLOGランキング
人気ブログランキングへ
SURFSIZE
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中
ブログ村 サーフィン
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
ブログ村 マリンスポーツ